ポーランド・ドイツ農場視察 Vol.2

ポーランドからドイツへ移動した翌日は、ドイツ南東部バイエルン州郊外の農場へ。

のどかな丘陵地帯を進んでいくと丘の上に農場が見えてきました。

とにかく敷地が広大で、飼育されているグースはなんと25,000羽あまり。
この地方では最大級の規模だそうです。


繁殖から卵の孵化、飼育すべて一貫生産、餌までも全て自給で賄っているのだそうです。卵を機械で温め、32日で孵化。その後生まれた時期ごとにエリアを分けられ、のびのびと育てられています。グースの雛も見る事が出来ました。


パワーのあるダウンを蓄えた成鳥へと育ち、20週間で出荷されます。一部はこの農場内で処理され羽毛の洗浄や、選別作業もしています。

午後はそこから100キロほど移動し、着いたのは山あいにたたずむお屋敷。
次に訪れたのはこの地域の領主さまが営む農場でした。

先ほどの丘陵地帯の農場とは違い森の中にあります。

ここの特徴はなるべく鳥たちにストレスを与えることなく育てる事。
編みで囲われた広い敷地には日光から守るために木々があり、水浴びできる川もあり一つのエリアに適度な数しか入れないので、ゆったりのびのび育ちます。

飼育している数は多くはありませんが、その分大切に育てられ良質なグースが育つのです。
心なしかここのガチョウは品があるようにも見えました。


良質なダウンと言えばポーランドなどが有名ですが、今回の視察によりドイツでもそれに劣らないすばらしい環境のなかでグース飼育がされているのがわかりました。
ドイツ産グースダウンはベッテンスタジオ羽毛布団の主力のラインナップを成すでしょう。

駆け足で2か国4か所の農場視察をしましたが、どこも特徴があり、得るものの多い視察となりました。

今後もお客様に自信を持ってお勧めできる製品をお取り扱いするため、様々な農場や工場を視察をさせていただこうと思っております。
可能な限り、皆さまにもご報告させていただきますのでお付き合いいただけたら幸いです。

ポーランド・ドイツ農場視察 Vol.1

さかのぼること2年前、弊社が羽毛布団を輸入をしていますドイツの「カールスルカ社」の社長の案内で、現在の羽毛(ダウン)事情を知るべく良質の羽毛の産地ポーランドと南ドイツのグース農場を視察して参りました。

まず向かったのはポーランド第五の都市Poznan(ポズナン)。
空港でスルカ一行と合流し、レンタカーにて郊外の農場をめざします。

最初に訪れたのはおよそ2000羽のグースが飼育されている農場で、特徴的なのは、羽毛は採らない、食肉にも加工しない、卵を産むだけ、つまり良い種を残すためだけに親鳥を飼育している農場でした。

グースたちは1月~6月に1羽が約55個卵を産み、生まれた卵は研究所へと送られ羽化します。生まれた雛たちは各地の農場へと送られそこで飼育されるのだそうです。2,000羽中雌と雄の比率は4:1だそうです。

通常食肉用に飼育されたグースは16週間で出荷されてしまうのだそうですが、ここの親鳥たちは大切に5年から7年飼育されるそうです。



ある時間になると農場の外の広い畑に放たれます。しかも順序良く並んで外へ飛び出していきます。そこでトウモロコシなどを啄み、しばらく過ごした後、また時間になるとおとなしい犬たちに追われ農場内に素直に戻るという何とも牧歌的でしかもゆっくりとした中で、育てられていました。

ここでは食肉(つまりその後羽毛を採取する)用のガチョウは飼育されていませんでしたが、ポーランドの質の良さを保とうとしているグース農業の一端を垣間見ることが出来ました。ちなみにポーランド全体では700万~800万羽のガチョウが飼育されているのだそうです。

※以前は生きたガチョウから羽毛をむしり取るハンドプラッキングが各地で行われてきましたが、現在ポーランドではほぼ行われてはいないそうです。むしられたガチョウの中にはその後上手く卵が産めなくなるものもいたそうです。

今日はポズナンへ戻り、市内で一泊します。

翌日訪れたのは、再びポズナン郊外へ2時間ほど行ったところにあるグース農場。ここでは食肉用のグースがおよそ5000羽飼育されています。
(現在の羽毛は食肉加工される段階で採取されたものがほとんどです)

農場内へ入るには衛生上から靴カバーを履かなければなりません。

昨日見た放牧形式ではない分、飼育場感はありますが、広々とした農場でした。
ここでは生まれた順に2か月目までのエリア、4か月のエリアと仕切られ育てられています。

良質の食肉を育てる為、(ポーランド業界であるのでしょう)規定の餌を与え、病気の個体はすぐ隔離をするなど厳しくコントロールをしています、とのことでした。そして約16週間で出荷されるのだそうです。

飛行機の関係で駆け足で見学し午後の便でミュンヘンへと向かいます。

Vol.2へつづく。

展示会レポート【ドイツ】2018

3週間ほど前にドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ハレで
開催される寝具テキスタイルの展示会に行ってまいりました。

会場は毎年6月に開催されている男子プロテニスツアーの
ゲリー・ウェバー・オープン(Gerry Weber Open)が開催されているスタジアム内です。

フランクフルトから、384km、車で約3時間半。
日本で例えると東京〜名古屋間の距離になります。
毎年1月と6月の2回、ドイツで開催されている国際見本市ですが、
6月の見本市は規模は小さめになり、今回は約160社が出展されていました

日本とヨーロッパの展示会では、展示会そのものの役目がやや異なります。
日本の展示会では製品やブランドを知ってもらう営業の機会として捉えられていて、
その場で実際の注文をすることはあまりありませんが
ヨーロッパでは、その場で受注販売する場所として機能しています。


受付へと続く道沿いには、各社の展示がされています。

受付を終え、会場へ。会場はテントの中なので、とても暑いです。
(社長曰く、空調が良くなって例年に比べ涼しい…とのことでしたが普通に暑かったです


いくつか商談を終えたら、中庭でランチ休憩。
軽食と飲み物はフリーでいただけます。
アルコールドリンクもありますが、仕事中なので飲んでいる人は少なめでした。

取引先のブースにて。
今回は、秋冬に向けた製品をメインに選んできました。
無地のジャージカバーや、鮮やかな秋色のスローケットなど、
早く見ていただきたい製品が盛りだくさんです。
皆さまには9月末あたりからご紹介できる予定ですので、
どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

本日は簡単な展示会レポートでしたが、
ハレへ向かう途中で取引先の工場視察をさせていただいたので
ドイツならではの丁寧なもの作りの工程や、
街中の様子なども順次ご紹介させていただこうと思っています!

猛暑が続く毎日ではございますが、お体を大切に過ごしてください。

新年会

先週、遅ればせながら弊社の新年会がありました。

有難いことに、年末年始は福袋やセールの準備で大忙しだったため、

時期はずれの開催となりましたが、百貨店勤務で普段は顔を合わせる機会が少ない販売員スタッフも一同に集まり、歌あり、ダンスありの楽しいひと時を過ごすことができました。

毎年恒例の福引は、お寿司屋さんのお食事券、今半のお肉1kg、お米10kg、カシミアストールなどなど、全員ハズレなしで豪華景品が当たりました。

そして、今年は店長から女性スタッフだけに「マヌカハニー」のプレゼントも!自分で購入するには、少し高く感じてしまうお値段なので、非常に嬉しい贈り物でした。

ちなみに、「マヌカハニー」とは…

ニュージーランド原産の「マヌカの木」から採れるはちみつで、190種類以上の栄養素が含まれていると言われています。

マヌカハニーの効果

  • ピロリ菌の除菌
  • 虫歯や歯周病、歯肉炎や口内炎などの口腔疾患
  • 胃潰瘍などの胃腸疾患
  • 腸内環境の改善効果
  • 風邪やインフルエンザの予防
  • 鼻水や喉の痛みの改善
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • 切り傷、やけどの改善
  • アンチエイジング効果
  • 花粉症の予防や症状の改善
  • 糖尿病の予防やコレステロール値の改善
  • がんの予防やがんの治療

一月ももう終わりですが、、、

今年もスタッフ一同、皆さまの眠りと豊かな暮らしをサポートできるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

インフルエンザも流行っていますので、お身体を大事にお過ごしください。

CALENDAR

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • 500point campaign
  • ご注文・商品のご質問やご相談は電話、FAXでも承っております。